fbpx

DOQ教師との高校生活→「俺のクラスにはトップを目指すやつ以外いらん!東大目指せ!!東大!!」その結果。。。

ストーリー

    俺の高校時代の担任は鬼のような教師だった。 体罰なんて生易しいものじゃなく暴カに近いことまでやってきた教師。 今日はなんとなくその時の思い出をつらつらと書き綴っていこうと思う。

    入学初日。 俺は、いっちゃ悪いが身だしなみとかをあまり気にしないタイプで 髪を半年くらい切らずに放置していたためロンゲのようになったまま入学式を迎えた。

親が居るのに職員室に連れて行かれバリカンで有無を言わさず坊主にさせられた。

    2日目。 いきなり、志望校を聞かれる。 席が一番前だった俺は最初に答える。 「○○大学志望です(偏差値60くらい)」

ぶん殴られる。

「俺のクラスにはトップを目指すやつ以外いらん!東大目指せ!!東大!!」

理不尽すぎる・・・。

    3日目。 いきなり抜き打ちテストをさせられる。(放課後に) 最高得点者が70点で一人。 その次が50点くらいで2人くらい居た。 そいつらだけが帰ってよかった。 それ以外のやつは夜の9時まで学校で居残りだった。

3日目から学校をやめたいというやつが続出していた。

    時間軸がバラバラになるかもしれんが気にしないでくれ。

冬の日の朝、遅刻した。 バスと電車が雪のためにストップしていたからだ。 遅延証明書をもらって先生に持っていった。 ぶん殴られた。 「関係ない」の一言だった。